韓国人男性と出会うには?

韓国人男性と出会うには?

残念ながら縁がなかったのか、別れてしまったのですが韓国人男性とお付き合いをした事があります。

出会いのきっかけ

出会いは元々アジア文化が好きだったので、通っていたサークルや会話教室などで、韓国の方と交流を深めるようになって、紹介を頂いたというのがきっかけでした。

特に韓国人男性との出会いを期待していたわけではなく、単に文化的なものが好きで、色々と韓国や中国、ベトナムにタイなどアジア各国それぞれが持つ文化に興味を持ち、どうで旅行するなら簡単な会話ぐらいをしりたいと、公民館などで行われている講座に顔を出したりしていました。

韓国の方で日本在住をされている場合、韓国料理屋さんだとかがほとんどといったイメージがあったのですが、別段普通に会社づとめなどをされている方も少なくありません。そういった人たちと会話をしていくと、(やはりどうしても日本と韓国の軋轢があったり、丁度塀とスピーチが問題になったりもしていたので)この人だったらまあ、変な偏見はなく大丈夫そうだろうと周囲の方が思ってくれて、紹介をされたのでしょう。

紹介をされた相手も、普通に日本の事が好きなんだけどあまりそれを言うと、ちょっと韓国人同士で気まずい雰囲気になったり、逆に日本語ペラペラで喋っていて、後から韓国人だと自己紹介をすると微妙な空気になったりするので、あらかじめ韓国人だと知った上で友人から付き合い始められる人を、探していたようです

おつきあいをしている間は特に普通で、向こうが日本在住でしたので特にデートなんかも特別な場所に行ったりする訳でなく、日本人男性とのおつきあいとはそれほど差がなかった気がします。

結婚となるとハードルは高め

ただ結婚となると、やはり少々お話が違います。韓国では儒教の「孝」が重視され、また家同士の結びつきといった考え方が基本のようでした。
日本では姑対嫁なんて言葉も聞きますが、同じような状況になった時、韓国人男性でしたら間違いなく姑である母につくでしょう。

実は周囲にも同じように、韓国人男性とつきあい結婚話まで出た人もいたのですが、やはり家族と合ったり色々のうちに、破局となってしまいました。

むこうのご家族が親日家であったり、もしくは相手の人が日本在住の覚悟で、こちらで仕事も言えも探すというのでないと、近くの国どうしでありながら、少々ハードルは高いことも多いようです。(ちなみに、韓国は夫婦別姓が基本ですので、結婚をしても別々の苗字をそのままという方が多いです)

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る