玉の輿といえばお医者さんとの結婚?医者の結婚事情

玉の輿といえばお医者さんとの結婚?医者の結婚事情

お医者さんとの結婚といえば、昔から女性のあこがれですよね。

玉の輿を夢見る女性は多いです。
お医者さんの結婚事情を紹介します。

医者と結婚するにはどこで出会うの?

医者と結婚を希望する場合、まずはお医者さんとの出会いの機会を探す必要があります。

一番身近なのが、看護婦や事務員など病院の職員ですね。
病院を取引をする職業、例えば製薬会社のMRなども頻繁にお医者さんに会う機会があります。

直接的に結婚ということになると、婚活パーティーで医師、弁護士限定で開催されるものがありますね。

医者の結婚時期は?

早くに結婚する人と、晩婚が分かれます。

早く結婚するタイプは、学生時代から付き合っていてその流れであったり、研修医時代に付き合った人と結婚するケースが多いようです。

研修医の期間が終わると、出張や転勤が重なったり、仕事が忙しくなるため、結婚のタイミングが遅くなり、30代後半で結婚ということも珍しくありません。

医者と看護婦の結婚事情

お医者さん一番接する機会が多いのは看護婦さんです。
お医者さんと結婚するために、看護婦さんになることを考えている方もいますが、実際はどうなのでしょうか?

もちろん、医者さんと看護婦のカップルもいますが、やはり大学で看護学科があり、学生時代から付き合っていたり、研修医時代など若い時に知り合ったケースが多いようです。

一般的にお医者さんになるにはお金がかかります。
私立であれば学費は2000万と言われていますし、開業するとなれば、費用がかかります。

こういった事情があり、医者の家系は由緒があったり、裕福な所が多いです。
看護師は、やはり一般的な家庭の方がほとんどで、価値観が必ずしも合うとは限らないため、看護婦さんと医者のカップルが特に多いということにはならないようです。

若いうちは苦労が多い

医師といえばエリートのイメージがありますが、特に研修医などの若いころは苦労も多いようです。

研修医であれば給料が特に高いというわけではありません。
むしろ労働時間が安定している大企業に比べると、時給あたり比べると安い、といったこともあります。

また、夜勤や急な呼び出しも付き物です。

デートの途中で呼び出し・・・といったことも時々聞きますね。

そういった苦労があるのも理解した上でカップルに

医者との結婚で幸せになれるかどうかは本人次第

医者とはいっても、病院や科によって、忙しさ、収入は違いますので、とにかく医者と結婚したい、という考えだと、後々想像していたのと違う結果になってしまうこともあります。
最終的には、医者かどうかにかかわらず、相手の方を一人の男性として大切に思っているかどうかが、幸せな生活を送る鍵です。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る