苦労も喜びも多い?気になる飲食店経営の結婚事情は?

苦労も喜びも多い?気になる飲食店経営の結婚事情は?

飲食店経営は会社員とは違い、自営業になるので、一般的なサラリーマン家庭で育った人からすると違いに戸惑うこともあります。
飲食店経営の結婚事情に迫ります。

飲食店経営では夫婦一緒の時間は長くなる

飲食店経営では、奥さんの側が専業主婦というケースは少なく、一緒に店を切り盛りすることがほとんどです。
生活も、仕事も共にすることになるので、ほとんどの時間を一緒に過ごすことになります。

奥さんが支えるケースも

飲食店経営の場合、自営業になりますので、特に開業当初は会社員に比べると信用が低く、お金を借りたり、クレジットカードを作るハードルが高くなりがちです。

商売をしていると、資金繰りの関係で資金が必要になりますので、奥さんが会社勤めの場合、奥さん名義でクレジットカードを作って支払いに充てるといった話もあります。

飲食店=経営者

飲食店経営とはいえ、自分で商売をする経営者です。
飲食店経営の方と結婚する場合は、経営者のぱーとなーとして支える覚悟が必要になります。

商いが大きくなってきて、従業員を雇ったり、扱う資金の規模が大きくなると、銀行から借り入れをすることが必要になってきます。
時には資金繰りで厳しい場面があるかもしれません。

厳しいですが、商売も結婚生活も一緒に成長させていけることに楽しみを見いだせる方には向いていますね。

生活が苦しくなる時も

客商売はサラリーマンと違い、常に収入が一定という訳ではありません。
特に飲食店は、景気や流行、競合店の影響を受けやすい業種です。

順分満帆なときも、そうでない時もあるので、生活設計や心構えとして盛っておく必要があります。

サラリーマン家庭と飲食店など自営業の家庭は違う?

サラリーマン家庭で育った人と、飲食店などの自営業の家庭で育った人では、最初は価値観が違って、すり合わせるのに時間がかかることがあります。

金銭感覚の違い

自営業の家庭に育った場合、お金に関してシビアな傾向があります。
単なるケチという訳ではなく、お金の計算が細かったり、浪費をしない、お金のやり取りで損をするような選択をしないなど、の傾向が強く感じます。
人に対してお金の損得の話をするのも、ためらいはないようです。
商売でお金を稼ぐ大変さを、小さい頃から間近で見てきたからこそでしょう。

常に親が近くにいる

自営業の場合、家の近くで仕事をしていることになるので、常に親が近くにいる環境になります。
人によっては親への依存度が高かったりする傾向があります。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る