子どもが大好き!保育園、幼稚園の先生の結婚事情は?

子どもが大好き!保育園、幼稚園の先生の結婚事情は?

仕事は忙しいですが、男性に人気の高い、保育園、幼稚園の先生。
面倒見がいい、優しそう、仕事柄乳幼児の扱いはお手のものなので、家庭ができて子どもができても安心といったイメージが高いのが人気の秘密です。

保育園、幼稚園の先生の結婚事情に迫ります。

保育園の先生とは?

忙しい親御さんの代わりに児童を預かる仕事です。
一人ひとりの児童に目を行き届かせるきめ細やかさ、責任感が求められますが、子どもが好きな人にとっては天職で、人気のある職業です。

保育士になるには専門の資格が必要です。
短大、専門学校で取得することができます。

幼稚園の先生とは?

幼稚園の先生は3歳から小学校入学までの子どもを預かる仕事です。
保育園の先生の役割は「養育」ですが、幼稚園の先生は集団生活の過ごし方など、教育が役割になってきます。

幼稚園の先生になるには幼稚園教諭の資格が必要です。

保育園、幼稚園の先生は結婚相手として人気?

保育園や幼稚園の先生の場合、職場の同僚は女性、仕事柄であう男性はすべて保護者ということがあり、また平日は朝早くから夜遅くまで仕事があるため、出会いの機会は少ない方です。

ただ、優しい、家庭的なイメージ、親の受けもよいなど、結婚適齢期の男性からの人気は高いです。

積極的になれば合コンや知り合いの紹介が多く、結婚に困るケースは少ないです。

つてがあると、男性が多い職場から合コンが申し込まれることも多いようです。

また、結婚相談所に登録しても、比較的よい条件の相手とマッチングできることも珍しくないようです。

保育園の先生は市町村職員なので、仕事や行事を通じて職員同士で知り合って結婚というケースもあるようです。
幼稚園の先生は、公務員なので、公務員同士のWワークを希望する男性からも人気があります。

結婚の意志があって、積極的に出会いを探していれば、それほど結婚について心配することはありません。

ひとつ気をつけておかなければならないのは、女性と子どもばかりの職場なので、気を抜くと適齢期の女性らしいおしゃれなどを忘れがちな所でしょうか。

幼稚園、保育園の先生は結婚後も続けやすい?

保育園の先生はパートタイムがあるので、結婚後もパートとして続けやすい環境が整っています。
効率の幼稚園、保育園の場合は、公務員になるので、産休、育休に制限はありません。

資格や経験が生きる仕事なので、出産などで休むことがあっても、比較的続けやすい仕事です。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る