高いステータスは今だに人気?弁護士の結婚事情は?

高いステータスは今だに人気?弁護士の結婚事情は?

正義感が強い、ステータスが高いなどのイメージで、婚活で人気が高いのが弁護士です。

テレビでも時々弁護士が主役のドラマなどがやっていて、憧れの職業の代表でもあります。
弁護士の結婚事情を紹介します。

弁護士と結婚するメリット

弁護士の知識は日常生活でも頼りになる

弁護士と結婚するメリットとして、職業柄日常生活の法律に関わることに強いことが挙げられます。
例えば家のローンや保険など、人生や日常生活で大きな買い物をする時は、契約、法律が付き物です。
通常は、専門的なことは説明された内容を信じるしかありませんが、弁護士であれば契約書のチェックは慣れているので、不備だったり、自分たちに不利なことが記載されていても、自分で指摘することができます。

また、仕事柄、離婚、相続、借金問題など、人生で起こる問題に普段から接しています。
普通の人が人生でほどんど経験しない場面でも、知識がないために間違った判断をしてしまう、といったことはありません。

収入が安定している

最近は弁護士が増えたことにより、昔に比べると弁護士なら全員高収入、という訳ではなくなってきました。
それでも、弁護士の資格をもっていることで、本業の裁判などで得られる弁護士報酬以外でも仕事があります。

たとえば、国選弁護士や、自治体の法律相談、大学の仕事などです。

弁護士の数が増えても、社会は法律で成り立っているので、仕事がなくなることはありません。

時間に融通が効きやすい

弁護士法人や企業に所属せず、自分で事務所を持っている場合、自営業になるので、時間の調整が付けやすいです。
前もってお客さんとの約束が入らないように調整をしておけば、仕事の合間に子どもの送り迎えなど家庭のことをすることもできます。

他の弁護士との交流

仕事上のお付き合いとして、交流会や他の弁護士さんのお祝いなどで、奥さんも同席をする場合があります。
自営業は同業とのお付き合いが大切になってくるので、やむをえないですね。
こういった場では、それなりの振る舞いや言葉遣いが求められるので、弁護士と結婚する人はマナーを身につけておく必要があります。

実際の所、弁護士は今でも人気?

弁護士を取り巻く状況は年々厳しくなっているのが実情です。
国が弁護士を増やす政策をとったことが大きな理由です。

司法研修生を終了して、弁護士なったばかりの場合、いきなり高収入を得られるわけではありません。

企業であったり、大きな事件など、高い報酬を得られる案件を継続的にこなせるよう、ビジネス面の才覚も必要になってきます。

高収入なら人気

婚活パーティーや結婚相談所で、医者や弁護士専門の所があります。
高収入の弁護士だと、ステータスも高いので当然今でも人気です。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る