白衣の天使は結婚したらどうなる?看護師の結婚事情は?

白衣の天使は結婚したらどうなる?看護師の結婚事情は?

白衣の天使のイメージで人気の高い看護師。
一方で仕事多忙・・・。
そんな看護師の結婚事情に迫ります。

医師と看護師の結婚は多い?

医師と看護師といえば、仕事で接する機会が一番多く、一般的には結婚に至る場合が多いのでは?とイメージが強かったりします。

実際に結婚に至るケースが特別に多いとは限らないようです。
昔ながらの考え方では、医者は医者同士の家系での結婚が歓迎されたり、医者と看護師の結婚は家柄の関係で歓迎されないということもあるようです。

特に代々医者の家系では、昔ながらの考え方が多いようです。
また、医者の子どもは医者にという考えから、ある程度の学歴を求める風潮もあるそうです。

もちろん、医者と看護師で結婚するケースもありますが、上記の事情もあって、医者と看護師の夫婦が特に多いわけではない、というのが実情です。

看護師は結婚後も仕事を続けやすいか

看護師のメリットに、結婚後も仕事を続けやすいことがあります。
一般企業の事務等の場合、タイミングよく求人がなかったり、正社員ではなくパートで働かざるを得ない場合があります。

また、一般企業は景気の影響を受けやすいので、景気が悪い時は仕事を見つけにくかったりします。

看護師の場合、景気に影響されにくい職種の上、資格と経験が必要なので常に求人はあります。
また結婚後にパートナーの転勤などで引っ越すことになっても、病院や介護系の施設は全国どこにでもあるので、キャリアを続けることができます。

看護師の経験と資格があると結婚後の転職も便利

看護師は激務と言われますが、病院や勤務形態によります。
緊急外来や夜勤がある所は特にハードだと言われます。

一般外来、クリニックであればもう少し仕事のペースも落ち着いています。
また、看護師の有資格者を必要としているのは、病院だけではありません。

老人ホームやデイサービスなどの施設等、看護師を一定人数おくことが条件となっている所があり、こういった先に転職して、看護師時代より比較的落ち着いた勤務にして、結婚後も仕事を続けていく人もいます。

看護師は本当に離婚が多い?

看護師は離婚が多いという噂がありますが、本当の所はどうなのでしょうか?

統計があるわけではありませんが、看護師は手に職をもっていて、一人になっても生活には困らないため、離婚に踏み切りやすいという事情があるようです。

また、収入がある分、旦那側が働かなくなったりすると行ったケースもあるそうです。

これは、看護師に限ったことではなく、手に職をもっていたり、結婚後もキャリア築いている今どきの女性全般に言えることですね。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る