いつの時代も人気!パイロットの結婚事情は?

いつの時代も人気!パイロットの結婚事情は?

昔から、結婚相手としてパイロットの人気が衰えたことはありません。
肉体的、頭脳共にタフで、男女ともに憧れの職業です。

大学時代の先輩もパイロットになりましたが、体育会で全国上位、人当たりもよく、リーダーシップ抜群といったタイプでした。
例えパイロットでなくても、モテるタイプが多いのが、人気の秘密ですね。

パイロットの結婚事情に迫ります!

パイロットと出会うには?

パイロットの数は限られているので、やはり仕事で出会うケースが多いです。
すぐ思い浮かぶのがCAですが、それだけではなく空港業務などの地上職の方と結婚するケースも多いです。

CAもパイロット同様、なることのできる人数は限られていますが、空港関連や地上職の仕事であれば、チャンスは十分あります。

また、研修期間が終わってパイロット業務に本格的なると、不在がちになり、新しく出会う機会も少なくなってくるので、育成の期間や、パイロットになる前の地上勤務の時に結婚相手を見つけてしまう方も多いです。

パイロットとCAの結婚率は高い?

パイロットの結婚相手といえば、仕事上一緒に過ごす時間がながそうで、才色兼備のCAがイメージとして上がります。

もちろん、CAとパイロットが結婚するケースもあります。

ただ、パイロットの場合、副機長でも、訓練期間、地上勤務を経るころには、早くて20代後半になります。
パイロットとしての仕事が本格化して、ほとんど不在がちになる前に、パイロットになる前に知り合った人と結婚するケースが多いので、パイロットになってから知りあうCAと結婚するケースが特別多い訳ではないです。

パイロットと結婚したい願望が強いのであれば、お互い若いころに知りあうのがゴールインの可能性が高くなります。

パイロットとCAの再婚は多い?

パイロットは、家に不在がちであったり、女性が多い職場柄一般より離婚率が高いと言われています。
その年齢になってから身近な女性といえば、やはりCAです。
CAとパイロットの再婚は意外に多いです。
また、CAはパイロットの事情もよく理解しているので、仕事が原因で離婚になった場合は特に理解のある相手として魅力なのかもしれません。

不在がちな夫を支える覚悟を

パイロットはどうしても留守がちになるので、家や子どものことは奥さんがメインで取り仕切る覚悟が必要です。
また、神経をすり減らす仕事なので、家では十分ケアをする必要があります。
家をしっかり任せられて、帰ってくる場所を守ることが、なによりパイロットの男性が家庭に求めていることです。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る