同居結婚を成功させるにはココを押さえる!

同居結婚を成功させるにはココを押さえる!

家業の関係や、家を継ぐなどで同居結婚を選択する方にとって、結婚生活がうまくいくかどうかは悩みの種です。
結婚生活+同居生活という2つの新しいことを始める訳ですから、最初はうまくいかないこともあります。

今まで家族で暮らしていた所に、他人が加わることになるので、ある程度の問題が起きることは覚悟が必要でしょう。
大部分は時間が解決するものですが、日頃の心がけや準備次第で、少しでもパートナーや両親の負担を軽くしてあげましょう。

両親よりも奥さんを大事にする

両親と自分の関係は親子の強いきずながありますが、奥さんと両親は他人同士です。
もし自分が、両親よりになってしまうと、家の中で奥さんは孤立してしまいます。
人間集団の中で仲間はずれにされるのが一番精神的にきます。

奥さんに両親を優先していると思われると、同居結婚は絶対にうまく行きません。

意識しないと、肉親の情で両親を優先してしまう場合もあるので、意識的に奥さんを優先するようにしましょう。

両親を大事にするのは当たり前なので、奥さんを大事にすることでちょうどバランスがとれます。

両親から経済的・精神的に自立していること

同居を選択したということは、両親に頼ることも考えていると思います。
ただし、経済的、精神的に両親に依存していると、結婚生活は成り立ちません。

結婚するということは、独立して世帯を持つということです。
両親に依存しないと生活が成り立たないようでは、まだ結婚できる状態ではないことなります。

仮にそのような状態で結婚したら、親は年をとって収入が少なくなっていく一方で、子どもが生まれて本格的にお金が必要になってきた段階で経済面で破綻します。

同居結婚とはいえ、仮に家を出ても十分にやっていける状態を保つ事が大切です。

価値観は違っていて当たり前と認識する

他人同士が生活を共にする上で大切なことは、価値観が違っていて当たり前と認めることです。
つまり、自分の価値観を押し付けない、相手の価値観を認めることに他なりません。

また家族なら言わなくても思っていることが伝わりますが、他人同士であればかならず言葉にすることが必要です。
態度で察してほしいと思っていると、意図が通じず、お互いストレスをためることになります。

話し合いで価値観をすり合わせることを心がけましょう。

我慢出来ること・出来ないことをはっきりさせる

価値観の違いを認めるとはいえ、我慢ができないことも出てくると思います。
こんな時こそ、無理に我慢してある日爆発するより、お互いはっきり、かつ冷静に言葉で伝えて、話し合いで解決しましょう。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る