男性が結婚したい5つの職業とは?

男性が結婚したい5つの職業とは?

一昔とは違い、女性の社会進出が進んで、キャリアを持っていることが普通になりました。

大企業の役職についていれば別ですが、共働きを歓迎と考える男性が一般的です。
男性だけで十分生活ができる収入だとしても、共働きであれば、独身時から生活レベルを落とす必要がないですし、お金が貯まるスピードも早いです。

男性が結婚相手を選ぶ時のポイントで、相手の職業も見る時代になりました。
勤務時間に融通が効く、育休、産休が取りやすい、結婚後も続けやすい職業は好まれやすいです。

看護師

看護師は資格が必要で、経験がものをいう職業です。
収入面も女性が自立するのに十分な水準です。
白衣の天使のイメージに憧れる男性もいますが、現場はハードなので、自立心が強く肝の座った女性が多いです。

経験がある看護師は、全国どこに行っても仕事先があるので、夫の転勤があっても続けやすいです。

病院によっては三交代勤務などでハードな職場があり、結婚後に続けるのが難しい場合もあります。
そんな場合でも、病院以外に介護施設など看護師資格保有者が必要が施設など、それほど忙しくなく、結婚後も続けやすい働き先があります。

保育士

婚活でも、雰囲気が優しそうだったり、子どもの面倒を見るのに慣れているといった理由で、保育士さんは人気があります。
親世代の受けもいいですね。
結婚後もパートタイムで勤務が可能な保育所も多く、続けやすい職業です。

客室乗務員

客室乗務員(スチュワーデス)といえば、昔から男性の憧れの職業ですね。
美人ぞろいで、外国語も堪能な才色兼備な女性のシンボルですね。
パイロットとスチュワーデスが結婚するケースは意外と多くないので、パイロット以外の男性でもチャンスがあります。

公務員

公務員の魅力はなんといっても、景気に左右されない安定度です。
民間が不景気でも、リストラはありませんので、自分が辞めたいと思うまで続けることができます。
パートナーが公務員であれば、男性は生活の心配をすることなく、仕事に打ち込むことができます。
また、公務員のメリットとして、産休、育休が取りやすいことがあります。
民間の中小企業の場合は、産休、育休は制度としてあっても、実際はとりずらいということありますが、公務員は取り放題です。

教師

教師も、公務員になるので、景気に左右されず、続けやすい仕事です。
産休・育休が取り放題なので、結婚しても続ける人が多いです。
子どもの扱いに慣れているというメリットもありますね。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る