女性が結婚したい7つの職業とは?

女性が結婚したい7つの職業とは?

婚活では高収入な職業がウケがいいのは言うまでもないですが、それだけではなく、安定した職業も受けがいいです。
女性が「結婚したい!」と思う職業を解説します。

公務員

公務員が人気なのはなんといっても安定度です。
どれだけ世間が不景気であろうともリストラに怯える必要はありません。

今も昔も、そしてこれからも、公務員の安定した人気は衰えることがないでしょう。

医者

医者といえば、高いステータスと収入です。
医者との結婚に憧れる女性は多いでしょう。
医師限定の婚活パーティは毎回満席です。

ただし、医師の家系は代々医者だったり、資産背景がある家庭も多いので、相手になる女性にも相応の素養が求められます。
職業柄、責任とプレッシャーは大きいので、しっかり家庭を守って夫を支える事が必要です。

商社マン

商社マンは、給料面もさることながら、人間的も豪胆で男らしい人が多いので、昔から人気の衰えない職業です。
商社マンは合コン好きなので、合コンやパーティで出会うこともできますが、社内結婚も多いので、ライバルが多いことは覚悟しなくてはなりません。

職業柄、接待や飲み会も付き物なので、この点も理解する必要があります。

弁護士

医師と同じくステータスの高さで人気の職業です。
収入面に関しては、国の方針で弁護士の人数が増え、昔ほど誰でも高収入、という訳ではなくなってきています。
若い弁護士で苦労してる人も多いです。
弁護士でも、独立して事務所を構えていたり、親の代から弁護士の家系で昔からの顧客がいたりすると、高い収入を得ることができます。

パイロット

子供の頃から男女問わず憧れの職業と言えばパイロット。
今だにパイロットになるためのハードルは高く、収入面も恵まれています。
人気のあるパイロットですので、パイロットとして本格的に活躍する前から付き合っている人と結婚する人が多いです。
本格的に海外を飛び回るようになると出会うのも難しいので、狙うなら訓練生や、学生時代からですね。

教師

教師は、公務員になるので、景気の影響を受けず、安定した給料が保証されています。
また女性でも産休や育休が取り放題など、仕事を続けやすい環境にありますので、先生どうしの結婚で共働きするケースも多いです。
二人分の給料と退職金があれば、老後は悠々自適です。羨ましい。

IT

一昔前はITと言えば、3Kの代表、オタクといったネガティブなイメージが強く、どちらかと言えば不人気の職業でした。
最近は打って変わって、ネットのサービスが爆発的に広がり、仕事は増える一方なので、ITエンジニアは常に人材不足です。
業界お金が回るようになってきて、エンジニアの待遇も改善され、商社や金融に行くような高スペックな人も増えてきました。
これからもこの流れは止まらないでしょう。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る