切っても切れない結婚と経済力の関係って?

切っても切れない結婚と経済力の関係って?

女性が結婚相手に求める条件は、人によって様々ですが、経済力が外れることは絶対にありません。
口に出さなくても、確実にチェックはされています。

好きだけでは成り立たない結婚生活の現実

恋愛では、異性として魅力があるか、一緒にいて楽しいか、などが重視されます。
結婚でもきっかけは恋愛感情かもしれませんが、結婚生活では教育、マイホームの購入などお金が必要なイベントが沢山発生します。
女性は現実的なので、将来のこともしっかりと見定めた上で相手を選びます。

原始時代は、女性は自分が妊娠して子供を育てている間は動けないため、きちんと餌をとってきてくれるオスを見極めないと、自分の子供の生命に関わりました。
現代に置き換えると毎月安定してお金を入れてくれるか?を本能的に見ています。

結婚では逆転できるチャンスも

結婚で経済力が重要というのは、シビアなようですが、見方によっては理想の相手を選ぶチャンスが増えます。
生まれもった外見は、磨くのにも限界がありますが、収入は努力次第で上を目指すことができます。

学生時代、女性と話すのが苦手で、トークや外見のいいライバルに狙っていた女性を取られてしまった、ということが多い人もいるかもしれません。

社会人になって安定した収入があれば、自信をもって婚活に望みましょう。
(とはいえ、一般常識や人間性も大切なので、上から目線になったりすることなく、サラッとアピールするようにしましょう。)

必ずしも高収入である必要はない

結婚では経済力が重要とはいっても、必ずしも飛び抜けた高収入が必要でもなければ、ライバルが自分より高収入なら勝てないか、というわけではありません。

外資や営業で成果主義の部分が強い場合、一時的には収入が高い時期があっても、得てしてアップダウンが激しい場合もあります。
また、仕事も激務で、常に終電というような生活では、いくら高収入であっても、結婚生活を営むことが難しくなります。

結婚生活には、一時的な高収入よりは、収入が安定していることが大切です。
自分が快適な生活レベルを安定して維持できそうであれば、必ずしも高収入である必要はありません。

また、贈与などで資産があったり、実家が近く何かと援助を受けられるなど、給料以外でも資産や収入があれば、安定をアピールできます。

最近では女性側の経済力がポイントになることも

最近は女性の社会進出が進んでいることや、終身雇用が崩れたこともあり、結婚後も仕事を続ける女性も多くなっています。
男性側から見ても、特別高収入でなくともパートナーに収入があることは、いざというときのセーフティーラインになるので、仕事で思い切った挑戦をすることもでき、選択肢が増えることになります。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る