美人で性格も悪くないのに結婚できない女性の4つのパターン

美人で性格も悪くないのに結婚できない女性の4つのパターン

美人で特に性格が悪いというわけではないのに、不思議と中々結婚できない女性がいます。
晩婚化の流れもありますが、そんな女性を見ていると、共通点が見えてきます。

理想が高過ぎる

結婚に対して理想を抱きすぎなのでしょうか、理想が高過ぎると中々結婚できません。
理想を持つことが悪いわけではないです。

自分を磨いたり、いい相手を見つけようと前向きに努力することは必要です。

理想の相手の条件が、自分にあっているかを客観的に振り返ってみましょう。
事実として、結婚は自分と相手のマッチングで、目には見えませんが、お互いのレベルというものが存在してします。
結婚できないのは、求めている相手のレベルが、自分のレベルにマッチングしないことに他なりません。

分不相応な相手を捕まえてまで人に見栄を張るより、人生を一緒に過ごすパートナーを探せば、自ずとお互いに合う相手は見つかります。

30代を過ぎて出会いが激減していることに気づいていない

女性は30代を過ぎると出会いが激減するのが現実です。

合コンでは、同年代はどうしても20代を選びたがります。
紹介にしても、周りが結婚するに従って減ってきます。

普段の人間関係にだけ頼っていると、出会いの機会はかなり限られてきます。
候補になる相手がいない状態が続いていれば、本格的に婚活を始める時期です。

婚活のスタートが遅すぎる

今どきの女性の結婚のピークは20代後半から30代前半です。
ここを過ぎてから婚活をスタートすると、自分より年下がライバルになります。

つまり、早い時期に婚活を開始している人より、ライバルが多い状態で婚活をしなければなりません。
ライバルが多くて、婚活に苦戦して時間が経つうちに、更に年齢を重ねてライバルが増える、という負のスパイラルに陥ると抜け出すのは非常に困難です。

結婚に魅力を感じていない

親からの圧力や義務感だけ婚活をしていても、本人が結婚をしたいと思っていなれば、婚活は進みません。
生涯一人で生きていく決心ができれていれば婚活はやめて、自分の趣味や好きなことに時間やお金を使うべきです。

人生を自分中心に考えるのではなく、家族や子どもがほしい、パートナーと一緒に生きていきたいと思えると、結婚に対してデメリットを上回る魅力を感じるようになります。

仕事が激務過ぎてプラベートの時間が取れない

真面目で能力のある女性ほど仕事にのめり込みがちです。
勤務先が長時間労働を当然とする文化だと、女性でも当然巻き込まれます。

長時間労働が慢性化している職場だと、平日は終電、休日は疲れて果てて婚活をする余裕がない、といった事態に陥ります。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る