仲介型の婚活とフェイスブック婚活の違いは?

仲介型の婚活とフェイスブック婚活の違いは?

仲介型の婚活は、一昔前のスタンダードでした。
結婚相談所の中でも、自分で相手を検索するよりは、アドバイザーが適切な相手を紹介することに重きをおいて、アドバイスや初対面の場を取り持ってくれるものです。
一番婚活らしい婚活といえるかもしれません。

仲介型の結婚相談所の特徴

仲介型の結婚相談所は、一人ひとりにアドバイザーがつくため、大手よりは中小の結婚相談所が多いです。
また、料金体系は、大手のように入会時に全額払うのではなく、比較的手頃な月額の基本料金、お見合い料と、結婚時の成婚料(数十万)になっている所が多いです。

結婚相談所にとっては成功報酬型になるので、成婚率を上げることに熱がはりいます。

仲介型の結婚相談所は、自分の力に加えて結婚相談所側のがんばりがプラスされるので、成婚率は一番高くなります。

お互いの結婚意欲が高い

仲介型の結婚相談所に登録する人は、気軽に婚活を始めたいという層とは違い、期間内に必ず結婚することを目的に入会しています。
また相応の費用も払っているので、婚活に本気の層が集まっています。

明確に結婚することが目的なので、お互い話は早いです。

アドバイザーの手厚い支援

仲介型の結婚相談所は、成婚率が結婚相談所の評判や成婚料につながるので、アドバイザーの支援が手厚いのが特徴です。

悩みの相談から、異性に受けるための外見、デートの誘い方やマナーなど、個人に合ったアドバイスを受けることができます。

恋愛に奥手な人の味方

仲介型の結婚相談所は、マッチングしそうな相手選びから、出会いのセッティング、アドバイスまでお願いできるので、恋愛に奥手でな人にぴったりです。
結婚に対して強い意志があっても、その前段の異性に声をかけたり仲良くなる所で止まってしまう、という方に、お勧めできるスタイルです。

日本人は恋愛に奥手な人も多いので、早い段階での結婚が目的なら、仲介型が一番会あっています。

ぴったりの結婚相談所を探すなら一括請求サービスがお勧め

結婚相談所は、サービスの内容や得意分野、登録者層など、会社ごとに特徴があります。
同時に登録できるのは一社のみなので、自分の婚活のスタイルに合った結婚相談所をじっくり選ぶことが大切です。
(自分のペースでやりたいのか、アドバイザーの手厚サポートで必ず成婚に結び付けたいのか・・・)

初めて結婚相談所を選ぶなら、ズバット結婚サービス比較などを活用して、自分の目で比較して見るのがお勧めです。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る