好印象なファーストメッセージの4つのポイント

好印象なファーストメッセージの4つのポイント

いいね!でマッチングが成立した次に大切になるのが、ファーストメッセージです。

ファーストメッセージで好印象を与えられるかどうかで、その後の関係が発展するかどうかが決まってきます。
好印象を与えるコツを紹介します。

その1.名前やミックネームで呼びかける

名前やミックネームでの呼びかけを入れましょう。
リアルの人間関係でも、合って間もない人に自分の名前で呼びかけると、嬉しいものですよね。
ネット上でも同じですので、活用していきましょう。

例えば、

「A子さん、いいね!ありがとうございます。マッチングできて嬉しいです!」

のように自然に呼びかければOKです。

その2.質問を1つする

ファーストメッセージからやりとりを続けていくには、返信をもらわなくてはなりません。
自分のことだけを書いてしまう人が多いですが、そうすると相手が返信をするための話題を探さなければならなくなります。
相手の方にその時間がないと、「メッセージありがとうございました。」のような簡単なやりとりだけで終わってしまって、今度はこちらから返信するとっかかりがつかみにくくなったりします。

こういったことを避けるために、相手の方が返信しやすいよう、答えやすい質問をひとつ入れるようにしましょう。

一回に質問する数はほどほどに

ファーストメッセージではどうしても聞きたいことが沢山あるので、質問も多くなりがちです。
あまり質問攻めにすると、相手の方が回答するのに負担になってしまう場合もあります。
最初の印象で、メッセージするのが「重い」という印象を持たれてしまうと、その後も引きずってしまう可能性があるので、あくまで気軽に返信できる分量にとどめておきましょう。

その3.相手との共通点に関する話題を

共通点に関する話題は、会話のキャッチボールが続きやすいこともありますが、相手と共感・同調を生むことで、親近感を深めていく効果もあります。
積極的に話題に出すようにしましょう。

共通点が見つからない場合は、どうすればよいでしょうか?

相手の方のプロフィールをみて、好みや考え方に共感を示すのでも同じ効果があります。
また、相手が何かのスポーツをやっていたら、同じスポーツをやっていなくても、スポーツ好きというように、範囲費を広くしていくと共通点に繋げやすいです。

その4.相手のどこが気に入ったかを伝える

どんな人でも褒められると嬉しいものです。
ファーストメッセージではお相手のどこが気に入っていいねをしたかを、素直に、さり気なく伝えるようにしましょう。
好感度がアップしますよ。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る