可愛くないのになぜかモテる女性の3つのパターン

可愛くないのになぜかモテる女性の3つのパターン

恋愛にしても結婚にしても、特別美人ではない、むしろ素だと可愛くないのに、なぜかモテる女性はいます。
逆に美人でも恋人がいない人もいます。

裏を返せば、生まれ持った外見が多少いいからといって油断していると、パートナーが見つからないこともあり得るということですね。
可愛くないのになぜかモテる女性のパターンを紹介します。

親しみやすい

親しみやすい女性は、一緒にいて楽しいので、男女問わず人気があります。
仲良くなれる人が多ければ、パートナー候補もそれだけ増えることになります。

笑顔や優しい雰囲気は、女性の魅力を何倍にもアップします。

逆に、ムスッとしていたり、とっつきにくいと、美人と褒められることはあっても、パートナーはできにくいです。

外見の良さと、パートナーに恵まれるかどうかは、必ずしも関係ありません。

男性が喜ぶ話題、テクニックを知っている

モテる女性は男性の喜ぶツボを押さえています。
自分本位ではなく、

男はおだてに弱い

男はなんといってもおだてに弱いです。
仕事の話でも趣味でも、とにかく褒められれば、相手は自分の事を好きだと思い込みます。
男は自分を持ち上げてくれる女性を求めています。

聞き上手

聞き上手の人と話していると気持ちいので、男女問わず、人気がありますね。
人は誰でも自分の事を話したいものです。
女性は自分のことを話すが好きな人も多いですが、意中の相手に対しては聞き手にまわると効果的です。

外見に気を使っている

目鼻立ちが特別に良くなくても、健康的だったり、スタイルがいい女性は、それを補うことができます。
女性であれば、顔はメイクである程度カバーできます。
女優さんでもいわゆるアイドル顔でなくても、個性的な演技やスタイルの良さで人気の人はいますよね。
目鼻立ちに自信がなくても、努力でカバーできます。

特に薄着の季節になってくると、スタイルのいい女性には注目が集まりますね。

男ウケするファッションファッションを押さえいる女性もポイントが高いです。
清楚なワンピースや、セクシーなミニスカート、この辺りのファッションにぐっとくる男性は多いです。

適度にスキがある

男性からすると、あまり完璧すぎる女性には、アプローチがしにくいのが事実です。
美人すぎて外見にスキがない、その上仕事も男性以上にできると、密かなファンは沢山できるかもしれませんが、アプローチする男性は少なくなります。

男性は、適度にスキがあって愛嬌がある女性をみると、自分でも落とせるのではないか、と考えます。
このタイプの助成は、アプローチがされる頻度も多くなるので、端からするとモテるように見えます。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る