マッチング後のメッセージのやり取りはココに気をつける!

マッチング後のメッセージのやり取りはココに気をつける!

お互いにいいね!をしてマッチングが成立すると、メッセージのやりとりが始まります。

何人にもいいね!をしてようやくマッチングしたのですから、ぜひやりとりを続けて、お互いの理解を深めたいですよね。
気持ちがはやるのは止むをえないところもありますが、気持よくやりとりをするためのポイントを押さえておきましょう。

信頼関係はお互いの共通点を見つける所から

いいねでマッチングした直後は、ネット上でなんとなくいいなと思われたに過ぎません。
少なくとも悪い印象はないといった程度で、本当に心を許していい人なのか不安を持たれている状態です。
リアルの人間関係として発展させていくには、まず信頼関係を築いていくことが大切です。

リアルの人間関係の場合、仕事や今までの経歴などを通じて自然に信頼関係が築かれていきます。
ネット上で知り合った人と信頼関係を築くにはどうしたらいいでしょうか?

人間は共通点があったり、同調してくれる相手を、信頼する傾向があります。
同じ仲間だとみなされるわけですね。

これを利用して、小さなことでもいいので、プロフィールや会話から相手との共通点を探して、伝えるようにしてみましょう。
小さい積み重ねが信頼関係につながります。

フレンドリーさを出しつつ、くだけ過ぎず

楽しくやりとりをするために、フレンドリーな文面にすることは大切です。
ただ、初対面の大人同士なので、最低限の礼儀は守ることも大切です。

くだけ過ぎだと、言葉には出さなくても、真剣に活動していなかったり、軽く見られていると受け取ってしまうこともあります。
ネットだけのやりとりはネガティブな印象がひとり歩きしがちなので気をつける必要があります。

敬語を半分くらい残しておく

実際に会って打ち解けるまでは、適度に敬語も使って、相手を尊重してることを伝えるようにしましょう。
難しいと思う人は、メッセージの半分くらいの敬語を入れていくことを目安にしましょう。

ガツガツしている所は見せない

自分からいいねをした、タイプの方が相手なので、仲良くなりたいと焦る気持ちは分かります(^_^;)
ただ、会わないうちからあまりガツガツした所を見せてしまうと、余裕が無いと思われたり、引かれたりする可能性があります。

熱意を込めつつじっくりと

返信や会うのを急かしてしまうと、ガツガツしていると取られがちです。
ガツガツしている=自分の都合優先ということですね。

気持ちはしっかり伝えつつ、あくまで相手のペースを尊重して、じっくりと関係を築いていくようにしましょう。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る