奇跡の一枚を撮る4つの盛り写メテクニック

奇跡の一枚を撮る4つの盛り写メテクニック

盛り写メとは、実際より綺麗、かっこ良くとれている写真ですね。
若い世代の間ではよく使われれますが、写真が命と言っても過言ではないネット婚活において、盛り写メのテクニックは大いに役に立ちます。

あなたが相手のプロフィールを見る場合、どの順番で見ますか?
まず写真、それから自己紹介ですよね。

ネットサーフィンをしていても、まず画像が目に入ると思います。
写真でアピールができないと、選んでもらう機会が大幅に減ることになります。
まず会う前の段階で、チャンスを逃さないよう、写真には全力を注ぎましょう。

奇跡の一枚が撮れる盛り写メのテクニック

明るい所で撮影する

まず第一に明るさが重要です。
明るいところで撮影することで、明るい印象を与えることができます。
さらに、顔の影やくすみなどが目立たなくなるため、綺麗に見えたり、小顔に見える効果があります。

天気のいい日に外で撮影する、スマホで自分の写真を取るときは、パソコンや鏡の前などなるべく明るい場所でとるなどするといいですよ!

カメラの明るさも調整する

更に、カメラ側の明るさも調節しましょう。
+2くらいにすると不自然にならず、綺麗に見えます。

顔全体に光を当てる

顔の一部に光があたっていると影ができてしまい、暗い印象を与えてしまいます。
強めの光があるところで、顔全体に光が当たるようにしましょう。

カメラは自分の顔より上に

スマホなどで自画撮りをする場合、カメラは自分の顔より上にして、見上げるようにして写真を撮るようにしましょう。
上目遣いのようになります。

表情ができますし、小顔にみえます。

逆に顔の下のほうから取ると、顔が大きく見えてしまいます。

画質はぼかし気味に

写真はじゃっかんぼかし気味にすると、綺麗に見えます。
これも顔の影になる所がなくなるのと、ソフトな印象をあたえることができます。
具体的なやり方は、カメラのホワイトバランスをクモリモードにする、露出が調節できる場合上げ気味にするなどがあります。
スマホのカメラだと撮った後に効果を加える事ができるので、ここで調節してみてもいいですね。
レンズにリップクリームを塗ってソフトフォーカス気味にするという技も有名ですが、後が大変なので、あまりお勧めできません(^_^;)

盛り写メであなたの魅力を最大限に

テレビのバラエディで盛り写メの特集があると、女子高生が盛り写メで全く別人になる場面もあります。
婚活においては、やり過ぎは注意ですが、ポイントは写真は簡単なテクニック次第でいくらでもよく見せることができるということです。
ぜひお気に入りの一枚をとって下さいね。

フェイスブックの婚活・恋活おすすめナンバー1




▲ページトップに戻る